インタビュー

何事も積極的に行い、分からないところはそのまま進めず、都度質問し解決することです。

柴田 真由

フード事業部 開発課 主任

2015年入社

  • 皆が常に助け合い協力しながら仕事を進めていく社風

    大学生3年の頃から管理栄養士の資格を生かし商品開発の仕事をしたいと考えていました。当時タイヘイでは母校の先輩も多く栄養士として活躍しているのをきき、栄養士として働くことができるチャンスが大いにあると感じました。普段人前で話すことが苦手な私が、どこの面接よりも話しやすい雰囲気があったことも大きかったです。
    タイヘイは他の事業部や他部署、他工場とのつながりがかなり多く、皆が常に助け合い協力しながら仕事を進めていく社風です。私がいる開発課でも常に上司や部下達とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるため、楽しく仕事をすることができます。やはり仕事をしていく中で、「人間関係」というのは一番大事だということを実感しています。
    初めての仕事はワンクック用のチルド惣菜の開発。最初は全くうまくいかずに落ち込んだり自信を無くすこともありました。上司のサポートもあってそんな時期を乗り越え、いまでは後輩もたくさん増え、のびのびと仕事をしています。チームで仕事を進めるメリットはかなり大きく、互いに成長し合える風土がある会社だと思います。
    基本的に何でも挑戦できる社風なので、自ら「これをやりたい」とか「こんなのやってみたい」とかを常に考えながら取り組んでいます。現在は生協様の食材キットの開発が主ですが、直接講習会などに出向き組合員様の意見を聴く機会が多くそれも一つの刺激、励みになっています。開発だけではなく、直接お客様の意見をきけるというのはとてもいい環境だなと感じます。
    今は主任という立場から事務作業に追われる日々が続くことも多く、なかなか具体的な商品開発の時間をとることが難しいですが、今後はもっとチームではもちろん個人でも、新しいものの商品開発をする時間を作り、開発としての良い成果を出していきたいと思います。
    どんな業務に就く方にもお伝えしたいのが、「何事も積極的に行い、分からないところはそのまま進めず、都度質問し解決すること」です。新入社員のうちはわからないのが当たり前だし聞いた者勝ちだと思います。些細なことから全て質問できるのも先輩や上司がいるうちだけです。後悔のないように、何事も全力で積極的に取り組んでみてください。そして常に笑顔で、大きなはっきりとした挨拶を心掛けて仕事に臨んでください。応援しています。

  • 1日のタイムスケジュール

    8:00 出社
    8:30 朝礼、仕事開始・事務作業が主(各工場の製造予定や開発のための提案資料作成)
    11:00 チルド惣菜の検食
    12:15 お昼休憩
    12:50 仕事開始
    ・事務作業
    ・開発のための試作、業務部、お客様からの依頼があったサンプルの試作
    13:00 瓶詰した醤油の理化学分析を行う。
    14:30 10分間の休憩。コーヒーを飲みながら同僚と会話。
    14:40 充填した製品の微生物検査を行う。
    16:00 開発で試食、意見交換
    17:30 片づけ、掃除
    18:00 退社